自証院円融寺(瘤寺)


kobudera  市谷在住当時、八雲はこの寺が大層気に入っていて、しょっちゅう訪れていたという。セツ夫人は、講義から帰ってきた八雲が家にいないときはこの寺にいるものと思っていたそうで、彼女の「思い出の記」には、八雲がこの寺に住みたいと言っていたというエピソードが書かれている。
 この寺が経営難で3本の木を切って売ったのをきっかけに、彼はこの寺を嫌うようになり、それがこの町を離れる一つの契機になったとも言われる。
 しかし彼が没したとき、東京ではほかに縁のあるところもないという理由で、葬儀はこの寺で行われた。
 現在この寺には、八雲ゆかりのものは何もなく、現在では 瘤寺とも円融寺とも呼ばれていないらしい。

東京駅からの交通手段

kobudera  中央快速線(1または2番線)で新宿へ行き、西口バスターミナルから目白駅または練馬車庫行きのバス(白61系統)に乗り、「市谷富久町」停留所下車。
 停留所の目の前に交番があるので、その右にある坂を登ると、すぐ右側に寺がある。


戻る